クリニック所在地

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-5
アイアンドイー池袋ビル9階
※池袋駅東口より南池袋公園に向かって徒歩2分

電話番号03-5949-6119

月 火 水 金曜日

午前 09:00〜12:30

木曜日

午前 09:00〜11:00

月 火 水 金曜日

午後 03:00〜06:30

休診日:木曜日午後、土曜日

日曜日、祝日


 

慢性腎臓病が進行して腎臓の働きが正常の10分の1以下になると、尿に排泄されるべき毒素が体にたまってしまい、尿毒症という状態になります。これを治療する手段としては、人工的に血液をきれいにする「血液浄化療法(人工腎臓)」と、他の人から腎臓を提供してもらい移植手術を受ける「腎臓移植」のどちらかが必要になります。尿毒症になると食欲がない、食べられない、吐き気がする、集中力がない、全身のだるさがある、動悸や息切れがする、横になると胸が苦しい、顔や手足がむくむ、夜中に何度もトイレに起きる等の症状がでます。

人工腎臓には血液透析と腹膜透析があり、腎移植には生体腎移植と献腎移植があります。日本では人工腎臓の治療を受けている患者さんが30万人以上おられ、日本の人口の400人に一人の割合です。

これから初めて透析治療を受けられる方は、いろいろな不安があると思います。以下に血液透析と腹膜透析について解説しました。透析治療について知っていただき、少しでも不安を少なくするためにお役に立てば幸いです。

 

血液透析とは

① シャント(バスキュラーアクセス)

血液透析療法をはじめる前に、手術により「シャント」を作製します。ご自身の体からの”血液の取り出し口”と血液の”返却口”を確保するためです。手術は局所麻酔でおないます。利き手と反対側の腕につくるのが一般的です。

② ダイアライザ

血液透析には「ダイアライザ」と呼ばれる医療器具が必要です。この中で血液をきれいにします。これは1回毎に使い捨てです。血液はこの中を1分間に200mL〜300mL程度の速度でながれます。

③ 透析液

ダイアライザ」の中に血液と接触させる「透析液」と呼ばれる液を血液と反対向きに流します。透析液は大量に必要で、一人の患者さんに1回の治療で120Lほど使用します。この透析液のために、大変「大掛かりな設備」と「」が必要になります。

④ 血液透析の装置

血液透析をおこなうためには、水をきれいにするための装置「水処理装置」と透析液を作る装置「透析液供給装置」、そして患者さんの治療をベッドサイドで見守る装置「患者監視装置」などの設備が必要です。患者監視装置には血液を体の外で循環させるための「血液ポンプ」を内蔵しています。また、体からの過剰な水分を取り除く「除水」という大切な役割を担う仕掛けが組み込まれています。

⑤ 抗凝固薬(血液凝固阻止薬)

血液を体の外に取り出して循環させることを「体外循環」と呼びますが、体外循環をさせると血液は固まろうとします。そこで血液が固まることを防止するお薬を使用します。一般にはヘパリンという薬が使用されます。

 

 

腹膜透析について

血液透析のようなシャントは必要ありませんが、手術をしておなかにカテーテルと呼ばれる管を入れます。

この管を通しておなかの中に1.5〜2L程度の腹膜透析用の透析液を流し込みます(注液操作)。すると腹膜と透析液が接触している間に、体の中の毒素が血液中から腹膜を介して滲み出してきます。数時間後にその毒素を含んだ透析液を体の外に取り出し(排液操作)、また新しい新鮮な透析液をおなかに注入します。この時に「バック交換」と呼ばれるつなぎかえぎかえの操作を行います。これを繰り返して行う治療法です。操作方法を練習していただき、ご自分で操作ができるようになれば、病院に通院する頻度は1ヶ月に1回程度ですみ、自宅で治療が可能です。また環境が許せば職場でのバック交換も可能です。透析液は患者さんの自宅に配送されます。

 

人工腎臓で代行できる機能とできない機能があります

人工腎臓で腎臓の働きのすべてを代行することはできません。人工腎臓で代行できない部分は、食事療法や薬物療法に頼らざるを得ません。